モロゾフは23日に開いた取締役会で監査等委員会設置会社に移行することを決めたと発表した。取締役の監督機能を強化し、経営効率を高めるのが狙い。会社定款の変更などを伴うため、4月26日に開催する株主総会で決議する。

  併せて発表した取締役人事によると、同社は現在監査役である廣瀨敬三氏、佐藤徹氏、高橋淳子氏をそろって監査等委員の取締役にする。4月26日の株主総会での選任を経て、就任する予定だ。