老後は戸建かマンションに住むかは関心がある。昨年末に、スマートハウスのモデルハウスの存在を知ったので資料請求をした。

f:id:Miketoy:20140207175650j:plain

今が冬だから特にそう思うのだが、冬の寒さ対策はどうか。神奈川県の相模湾周辺は、夏は涼しく、冬は暖かく興味のあるところの一つである。今回のスマートハウスの件は戸建のみの分譲である。ただ、外気の比較的暖かな土地の藤沢でも戸建は寒いはずだ。なぜなら、四方の壁からの寒さを全部、自らがブロックしなくてはならないから。もちろん、断熱性の高い家等で蓄熱暖房などの手はあるが。一方、新しいマンションでは、断熱性は高く、寒い今の外気は氷点下の続く地のこの数日でも、室内は暖房なしでも18度くらいはあるという人の話を聞いた。では夏は暑いのでは?と思い、さらに聞いたのだが、窓をあければ風が良く通るということで冷房も不要とのことだ。エアコン不要で暮らせる生活は、とても魅力的だと思う。 

別の話として、やはり相模湾近辺だが三浦市の京急久里浜線終点の三崎口あたりの気候は今の地より3,4度近く高く、駅近くの小さめのマンションではどうかなと考えている。現実のしがらみがあるので、たぶん実現には至らないだろうけれど、Google Earth のストリートマップなどで遊び、空想するだけでも面白い。

戸建てはガーデニングがしやすかったり、自らが太陽光発電ができたりで、それなりに良いのだが、歳とってからでは、そのような今まで楽しくできたものごとの管理自体が鬱陶しくなりそうだし、永遠に強いままではいられない。そのため、最終的にはマンションに住み替えることは有力な選択肢である。そのマンションは老人ホームのような施設になるのかもしれないが、できればいろいろな世代の人達も住む共用の場のあるスマートハウスの集うコミュニティに住みたい。