質問:

「おたからや」とか「大黒屋」など買い取りビジネスのフランチャイズは本当に素人でもできて、もうかるのか?
「おたからや」とか「大黒屋」とか、その他この種の買い取りビジネスが高利益率で簡単に儲かるように言って、フランチャイジーを募集しているようですが、たった数日の目利き研修で、正しい買取ができて、本当に50%もの収益率をたたき出せ、
月に300~400万円もの買取ができるものでしょうか? おたからやの説明によれば、即日買い取った品は換金できるというのですが。

 回答:


おたからやの場合は買い取り専門店ですので、どれだけ売りたいお客を呼べるかによります。エリアをある程度絞る場合、売り客の絶対数が限られてしまうので、
出店当初こそ客数が多いかもしれませんが、落ち込んだ時の対処法が難しいです。呼び込む方法が新聞折込、ネット、駅看板、地域情報誌程度しかありません。
また人口の多い主要駅では競合店も多く、その分買取金額も高めにしないと物が集まりません。換金は貴金属にせよブランド品にせよ業者間の相場が決まっており、ルートさえあればすぐにできます。
あとはどれだけその金額より安く買い取れるかで利益が決まります。長く続けるには仕入れが安定しないと厳しいです。一般客からの買取だけで仕入れが成り立つような甘い商売ではありません。
出店後、半年から1年くらいで行き詰る可能性大だと思われます。

大黒屋は物がある程度循環する人口も多い主要駅に出店を絞っているようです。知名度はありますがただ初期投資がかなり必要になるのとロイヤリティーの仕組みが、
品物によって違うのかやや複雑で、しかも高いような感じを受けます。
 1264945179.jpg